店舗調査の会社選びで
失敗しないための
ポイント

店舗調査の会社選びで
失敗しないための
3つのポイント

店舗の売上を上げるためにまずやるべきことは現状の課題分析です。現状の課題認識が間違ってしまうと適切な解決策を選ぶことはできません。しかし、自分のお店を客観的に評価・分析することは難しいでしょう。

そこで、店舗調査の会社を使ってお店を客観的に評価してもらおうとする方がいらっしゃいますが、調査しただけで終わってしまうことが少なくありません。せっかく店舗調査をしたのになぜ期待していた結果が得られないのでしょうか?

こちらのページでは店舗調査の会社選びのポイントについてご説明します。店舗調査を検討している方はぜひご参考にしてください。

店舗調査会社選びのポイント1 調査資料はシンプルでわかりやすい

店舗調査の目的は課題の抽出だけではなく、解決策を導き店舗のクオリティを高めることです。調査項目が膨大な数あると、調査結果の資料を読み込むだけで一苦労です。結局どうしたらお店がより良くなるのかわからず、店舗調査をしただけで終わってしまいます。調査資料はシンプルでわかりやすい調査会社を選びましょう。

店舗調査会社選びのポイント2 店舗の印象値評価ではなく店舗の能力を評価できる

一般的な店舗調査は、プロの調査員やアルバイトの方がお客様の目線でお店の印象値を項目毎にデータ化します。そのため、情報の分析・比較を軸とした対策案しか導かれません。単なる客観的評価からの対策では、お客様が求める店舗クオリティを維持するのは困難です。調査会社を選ぶ際は、プロのショップアドバイザーが指導者目線でスタッフやお店の能力値を項目毎にデータ化してくれる調査会社を選ぶと良いでしょう。

店舗調査会社選びのポイント3 調査だけでなく研修やお店ごとの個別指導もできる

現状の課題分析や解決策の提示だけではなく、課題を解消するための研修や個別指導も実施できる調査会社を選ぶと良いでしょう。販売スタッフの接客スキルが不足している場合は「接客研修」、お店づくりのスキルが不足している場合は「VMD研修」、お店全体のチームワークが悪ければ「店長研修」など、課題や解決策に基づく、研修や個別指導、現地指導もできる調査会社をお薦めします。

クリエイティブアルファの
店舗調査が選ばれる
3つのポイント

選ばれる
ポイント 1

プロのショップアドバイザーから即現場で役立つアドバイスがもらえる

クリエイティブアルファの店舗調査は、プロのショップアドバイザーがおこないます。プロの目線で「販売スタッフの接客センスやスキル」「お店づくりのクオリティ」について評価します。また、結果を店長にフィードバックするとともに、販売スタッフの育成ポイントや具体的な対策についてアドバイスします。

選ばれる
ポイント 2

日常業務でスタッフが
何を意識して行動しているのかわかる

クリエイティブアルファの店舗調査では、項目毎にデータ化し指標化します。販売スタッフに関する12項目、店舗クオリティに関する8項目に絞って評価するのですが、結果を見ると日常業務の中でスタッフが何を意識して行動しているのか把握することができます。そのため、適切な対策方法を導くことができ、店舗を恒常的に醸成させることが可能です。

選ばれる
ポイント 3

課題を解消するための適切な研修を受けられる

クリエイティブアルファでは、店舗調査の結果浮き彫りになった課題を解決するための完全カスタマイズ研修をご提供することができます。また、研修だけではなく、エリア担当者やフロア担当者向けの研修や店舗アドバイス相談会など、課題やご要望に合わせて効果的な研修や多彩な店舗サポートサービスを企画します。

クリエイティブアルファの店舗調査について関心がある方はお問合せフォームよりご連絡ください。
課題・ご要望などをヒアリングさせていただき、店舗調査の企画書を作成させていただきます。
企画書の作成は無料で承っておりますので、まずはお気軽にお問合せください。