アパレル向け研修選びで
失敗しないための
ポイント

労働人口が減少し、市場全体が深刻な人材不足に陥る中、アパレル業界においても応募者は年々減ってきています。人材確保を優先するあまり採用基準が低下し、経験の浅いスタッフで欠員を補充するため、スキル不足が懸念されます。
そのため、さらなる教育時間の増大が不可欠にもかかわらず、現場におけるOJT研修は時間数、質ともに不十分であり、店舗のクオリティを維持できない状況です。

また、人員不足や教育不足によって、経験不足な店長、アルバイトだけで運営する店長不在店舗、一人の店長が複数店舗を管理する巡回店長が出現し「スタッフ→店長→エリア担当者→管理者」というステップアップのピラミッドが崩壊しつつあります。
そして、経験・スキル・教育不足は、本部と現場、店長同士、スタッフ間など様々なところでコミュニケーション不足を招いています。その結果、多くの店長は「何をどう頑張って良いかわからない」「誰に相談したら良いのかわからない」と悩み、孤立しているのです。

どうすれば、このような事態を改善することができるのでしょうか?顧客が求めるレベルが年々高度化する中で、悩みや問題も複雑になっており、改善は急務となっています。

店舗の環境づくりの要である中堅層の空洞化、店長の孤立、顧客の現状を踏まえると、以下の3つを満たす研修へのニーズが高まっています。

アパレル向け研修に求められる3つのニーズ

①短時間で仕事の本質を理解できること。

②現場での問題を解決するための答えに自ら気付けるようになること。

③改善策を実践できるようになること。

研修を選ぶ際はこちらの3つのニーズに応えられる研修を選ぶことをお薦めします。

クリエイティブアルファの
研修が選ばれる
3つのポイント

アパレル向け研修選びの
ポイント 1

短時間で仕事の本質を理解できる

クリエイティブアルファの研修では、受講者に気づきを与えることはもちろんですが、その気づきを具体的に理解し、自ら答えに行きつけるよう導きます。
受講者は自分自身で解答に行きつくことで答えに納得がいき、実践・行動へとつなげることができるのです。短時間で仕事の本質を理解し、「心」の部分から行動できるようになるでしょう。

アパレル向け研修選びの
ポイント 2

自店の改善点を自ら気づき解決できるようになる

クリエイティブアルファの研修は体感型ワークショップ形式です。思考力や表現力を養い、主体性・協調性を身につけることを目的とした学習法で、参加者が楽しみながらロールプレイングやグループ討論などを通じて、主体的に行動したり考えたりすることを覚えます。また、多様な価値観を受容し、相手の考えを認めたり、尊重したりする姿勢を学ぶことができるでしょう。
そのため、研修の内容の定着率が高く、現場での実践に繋がります。

アパレル向け研修選びの
ポイント 3

課題やご要望に合った研修を企画してもらえる

クリエイティブアルファでは、研修をおこなう前にお店が抱えている課題をヒアリングさせていただき、課題解決に最適な研修を企画します。
接客研修・VMD研修・店長力強化研修だけではなく、「外国人観光客向けの接客ができるようになるインバウンド接客研修」、「エリアマネージャーの指導力を高めるための店舗指導力強化研修」など、ご要望に合わせて企画します。

クリエイティブアルファの研修について関心がある方はお問合せフォームよりご連絡ください。
課題・ご要望などをヒアリングさせていただき、研修の企画書を作成させていただきます。
企画書の作成は無料で承っておりますので、まずはお気軽にお問合せください。