脱ゆとり!「アクティブ・ラーニング」で自ら考え行動する力を育成!

効果が高い研修を知ろう~体感型研修ってなに?~Column

効果が高い研修とは

効果が高い研修とは

効果が高い研修の極論は、企業の業績を向上させる研修です。
業務に直結する研修はもちろん、管理職研修やメンタルに関係する研修、人間関係に関する研修に至るまですべては業績向上のためです。
効果の高い企業研修が行われている企業は、しっかりとポイントを押さえた研修をしています。
研修には主に短期的な成果を出すための研修と、中長期的に見て業績を底上げする研修の二つのタイプがあります。
前者の場合、短期で業績を上げる必要があるため、すぐに使えるノウハウを徹底的に叩き込むことになります。
一方後者は、すでにあるノウハウを叩き込むだけでは効果は得られません。
なぜなら、そのノウハウは今は使えたとしても、何年かしたら使えなくなってしまう可能性があるからです。
中長期的な成果を上げるためには、変化する社会に柔軟に対応できる本質的な思考を身に付ける研修こそ、効果が高い研修と言えるでしょう。

体感型研修が導くもの

体感型研修が導くもの

体感型研修は体験型研修とも呼ばれ、座って講義を聞くのではなく、自ら動いて学習する研修です。
体感型研修は実際に動くことで、耳や目から得られる情報以上の体験ができ、よりわかりやすく積極的な学習ができます。
また、多くの体感型研修では、ビジネスに関係するワークを行った後で振り返る時間を設けています。
これは自分がどう感じたかを整理するとともに、同じ体験をした他人がどう思ったのかを学ぶ機会にもなり、より研修を有意義なものにするでしょう。
そして体感型研修は、短期的にも中長期的にも効果が高いと考えられます。
短期的な成果をポイントとするなら、教えられたノウハウをそのまま実践することで、ビジネスの成功イメージを体感することができます。
また、体感型研修は自ら考えて行動する能力を育てるのにぴったりな企業研修なので、中長期的な成果を上げる研修にも適しています。
体感型研修は参加して楽しいだけでなく、実践的な効果も得ることができる研修なのです。