脱ゆとり!「アクティブ・ラーニング」で自ら考え行動する力を育成!

チームビルディングに効果的な企業研修Column

チームビルディング研修の選び方

チームビルディング研修の選び方

チームビルディングを目的とした企業研修の多くは、体験型の研修です。
体験型の企業研修はゲーム方式が取られ、楽しい雰囲気の中でチームビルディングが行われます。
しかし、体験型の企業研修にも様々なものがあるため、実際のチームビルディングにつながる企業研修を選ぶ必要があります。
ゲームの種類は、スポーツ、体を実際に動かすゲーム、ビジネスゲームが有効とされますが、個人戦のスタイルは除外します。
反対に、人数が多すぎると全員と話す機会がないまま終了する可能性もあるため、10人程度から、多くても50人程度の規模の定員が望ましいでしょう。
時間に関しては、ある程度距離が縮まり、親密になるために2時間程度は必要です。
効果的なゲームに共通するポイントは、互いに協力しなければ成功しない、勝てないシステムであることと、ゴールが設定されていることです。
もちろん楽しくなければモチベーションも下がるので、ゲーム自体が楽しめるものであることも重要なポイントです。

チームビルディングにおすすめのゲーム研修

チームビルディングにおすすめのゲーム研修

チームビルディングに有効とされているゲームを、前述した種類別にご紹介しましょう。
まずはスポーツ系のゲームです。
チームに分かれて模擬銃で敵チームを撃つサバイバルゲーム、いわゆる「サバゲー」は、トランシーバーで連絡を取りながら作戦を練るなど、チームワークを必要とするゲームです。
体を動かすゲームには「脱出ゲーム」があります。
リアル脱出ゲームも有名ですが、こちらも参加メンバーの全員が協力しなければ脱出できないため、必然的にチーム力が生まれます。
ビジネスゲームで有名なものには「マシュマロ・チャレンジ」があります。
スパゲティ(乾麺)とテープ、マシュマロだけを用いて、できるだけ高いタワーを作るという単純なルールですが、単純だからこそ思考力と協調性が試されます。
ただし、4人一組が原則なので、大人数の企業研修には向いていません。
これ以外にもチームビルティングの企業研修はたくさんありますが、自社の社員にはどのようなゲームが適しているのかを考えて選択することも、より高い効果を得るポイントとなります。