脱ゆとり!「アクティブ・ラーニング」で自ら考え行動する力を育成!

企業に求められるVMDの役割とはColumn

VMDってなんだろう?

VMDとはVisual Merchandising (ビジュアル・マーチャンダイジング)の略になり、
マーチャンダイジングとは「商品化計画」のことで、その計画を可視化(=ビジュアル)することを言います。
店舗を管理したり運用したりする立場の人であれば研修などで耳にしたことのある人もいるかと思います。
店舗の飾り付け(デコレーション)をすることと混同される場合もありますが、そうではありません。
VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)の目的は、視覚的な効果を活用することで、
お客様にとっても店員にとっても、「買いやすい・売りやすい」店舗の導線や陳列をつくることになります。

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)の役割

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)は、下記の3要素から構成されます。

①ビジュアル・プレゼンテーション(VP)
売り場や店舗の中でメインとなるディスプレイや陳列を指し、その店舗のコンセプトやブランドイメージはこういうものであるとお客様に印象付ける役割を果たします。お客様が店舗に入るかどうかを決める大事な要素となります。
②ポイント・プレゼンテーション(PP)
売り場や店舗に来てくれたとしても商品そのものを手にとってもらえないと意味が無いので、
ある商品までお客様を誘導して、その商品の場所で足を止めてもらう役割になります。
③アイテム・プレゼンテーション(IP)
店舗で商品を購入するところを指しますが、
ビジュアル・プレゼンテーションやポイント・プレゼンテーションと連動して、最後に購入まで持っていくようにする役割です。

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)は専門的知識が必要とされる重要なポジションとみなされて、
外資系のブランドなどではVMD専任者やチームを作って力を入れて取り組む等、重要な役割を担っています。
企業によってVMDの役割は大きく2つに分けられ、
ブランドや店舗の世界観を統一することをメインの業務として据える場合と、
商品の数や色、レイアウトを作る等、お客様の動線を考えることをメインの業務とする場合です。
新規ブランドの立ち上げや、他店舗展開、各店舗の販売員の強化などの際に、企業研修を行ってVMDを浸透させることで、店舗拡大を目指していきましょう。